お客様よりお寄せいただく質問の中から「よくある質問」をまとめました。ご注文時の参考にしていただければ幸いです。また、掲載内容以外にご不明点がございましたら、お手数ですが「お問い合わせフォーム」よりご連絡をお願い致します。

一日に飲むハーブティーの適量と、飲むタイミングがあれば教えてください。

ハーブティーはお薬ではありませんので、飲むタイミングや量などの決まりはありません。しいて目安をあげると、一日に3杯が良いと思います。また、ALL MY TEAは世界中のハーブティーを扱っております。ご希望や気分に合わせて、お気軽にいつでもハーブティーをお楽しみいただけるよう、お客様の目的や趣向に合わせたご提案などもさせていただいております。お気軽にご相談ください。

ハーブティーはどんな人でも飲めますか?

気を付けていただきたい人は、通院中、お薬を服用中の方、持病をお持ちの方、アレルギーをお持ちの方、高血圧の方、妊娠・授乳中の方です。ハーブティーはお薬ではありませんが、上記に当てはまる方は必ず医師に相談のうえ、お召し上がりください。

妊娠中や授乳中でもハーブティーは飲めますか?

ALL MY TEAでは妊娠中や授乳中に飲めるオリジナルブレンドのハーブティーを販売しております。ただし、妊娠中は体への感じ方に個人差がありますので、必ず医師に相談のうえ、お召し上がりください。

ティーバッグの商品を発売しないのはなぜですか?

ハーブの有効成分を、お客様に手軽に味わってもらうためです。ティーバッグはフィルターの役割も担っているため、ハーブに含まれている有効成分がティーバッグ内に多く留まってしまいます。このため、ALL MY TEAではハーブの工夫を重ねて、ティーパックタイプの商品を販売しています。ちなみに、日本で主流の緑茶などの高品質な茶葉も、味そのものに違いが生じるため、ティーバッグを使用していない商品が一般的です。

※ALL MY TEAでは現在ティーバッグの商品を販売しておりません。
  当社ではハーブの成分や風味が最も効果的に味わえるティーパックタイプの商品を専門に扱い、味や風味などについても日々研究を続けております。

ハーブの保存方法を教えてください。

ポイントは二つあります。一つ目は、しっかり密閉できる蓋付きの容器や、商品の袋の口をしっかりと閉じ、直射日光を避けることです。空気中の酸素がハーブティーとハーブの一番の大敵です。酸素に触れることでハーブの酸化が進み、風味が落ちます。もう一つは湿気対策。もしご自宅で長期保管される場合は、茶筒やビンなどの密封容器に移し替えての保管をおすすめします。保管場所については、冷蔵庫や冷凍庫を避けてください。理由は、庫内の湿気がハーブに影響するからです。また、他の食品の匂いが移る恐れもあります。いずれにしても、ハーブの風味や香りが楽しめるよう、できるだけ早くお召し上がりください。

ハーブティーを飲むために必要な道具など(専用ポットや茶器)はありますか?

一般的な家庭にある急須でも、ハーブティーはお飲みいただけます。ただし、当社の商品には、花のつぼみや花びらをたくさん入れた商品もございます。ガラス製のポットなどでハーブティーを淹れることができれば、そうした花の形やハーブティーの鮮やかな色もお楽しみいただけます。お茶の時間やティーパーティーなどがより楽しめるので、興味のある方にはおすすめのアイテムです。

ALL MY TEAで販売している商品は、無農薬、国産の商品ですか?

商品は無農薬ではありませんが、当社のスタッフによる官能検査を商品ごとに実施しています。香り、味、形状などの品質管理を徹底しているので、安心してお飲みいただけます。
当社は世界各地よりハーブの生産に相応しい場所を選んでハーブを仕入れております。販売しているハーブの中には、外国にしか自生しないハーブも多いです。そうしたハーブを仕入れる場合も、輸出国の食品衛生法の検査に合格したハーブのみが仕入れの対象になります。また、輸入に関しても、国内への輸入が認められた安全なハーブを取り扱っているので、品質管理は万全です。

お客様の声はこちら