当社の思いは一つです。
「世界中の美味しいハーブティーを日本の人に飲んでもらいたい」
この思いを現地の生産者と一緒になって築き、育み、大きくすることで海外取引を実現させています。

Eposode

ハーブには、その国にしか自生しないハーブや、その土地の気候に合った適栽地があります。そうしたハーブが栽培されている様々な土地にあるものは、広大で美しい自然と水の透き通った小川や、豊かな緑の大地、雪に覆われた山で雪解けを待ち、力強く咲こうとする草花です。当社では、世界中の栽地や生産工場を回り、生産者と絆を築き、そうした豊かな自然の恵みをいっぱいに含んだハーブを買い付けています。

産地MAP
産地マップ
その他の主な取引先
アルゼンチン、ブラジル、スリランカ、ドイツ、ナイジェリア、アメリカ、韓国
※こちらは産地の一部となっております。
産地の特徴
タイ
トムヤムクンやエスニック料理に欠かせないハーブの代名詞であるレモングラスは、タイが原産地です。タイの街中を歩くと、どこからともなくレモングラスを効かせたエスニック料理のいい匂いが漂ってきます。また、暑さで食欲がなくなった時に飲むレモングラスジンジャーは格別に美味しいです。
アルゼンチン
マテの産地として有名になったアルゼンチンへは、私が旅をしていた当時は直行便がなく、アルゼンチンに着いた時にはヘトヘトになっていました。肥満人口が少ないといわれるアルゼンチンですが、その理由はやっぱりマテ茶なのかもしれません。私は帰国後に、マテ茶を使ったオリジナルブレンドティーを作りました。それは、当時のアルゼンチンで飲んだ冷たいグリーンマテにレモンの輪切りとシロップを入れた、レモネードマテをヒントにしたハーブティーです。
オーストラリア
オーストラリア原産であまり知られていない植物にレモンマートルがあります。レモンマートルの植栽地は一般的に敷地が広く、背の高い木が均一に並んでいます。正直な話をすると、日本でも簡単に育てられそうな雰囲気なのですが、実は環境づくりが難しいようです。中性の土壌に改良する必要があり、雨量にとても左右される植物だからです。
ニュージーランド
フェイジョアをご存知ですか?フェイジョアは外国の庭先や公園になっていることの多い果樹。外国の子供たちが大好きな果物でもあります。蜂の活動が活発な場所の付近では、とても立派な実をつける特徴があります。食べるときは、一般的にジャムやアイスクリームに果肉を入れて食べます。味はバナナ、パイナップルの甘み、酸味を混ぜたような味です。『フェイジョアのフリーズドライを作って、ハーブティーにブレンドしたい』そう考えた私は日本で試行錯誤を続け、フェイジョアを使ったオリジナルのハーブティーを作ることに成功しました。

品質管理について

当社では、宝石を扱うように、大切にハーブを扱っています。官能検査は、一品目ごとに毎日行います。品質管理や徹底した温度管理、一年を通した一定の湿度調整などを怠りません。作り置きは極力せずに 、ドライハーブの注文をいただいてからオーダーの一つひとつを丁寧にブレンド。袋詰めをしてハーブの風味や香りを欠かさないよう新鮮さを保ちます。他にも、発送時のパッキングでは金属探知機、異物選別、目視検査を実施しています。

輸入されてくるハーブは、各産地で輸出の際にEU食品衛生法に則った食品検査機関から厳しい検査を受けます。当社が日本国内で販売している商品は、それに合格した製品や原料です。それらは、第三者機関によって日本への輸出が認められた商品なので安全安心です。さらに念を押すかたちで、当社では自社検査基準として成分分析、アレルゲン検査、遺伝子組換え検査なども実施しています。

  • ルイボスティーとは
  • マテ茶とは