Rooibosについて

ルイボスとはどんな葉っぱ?

ルイボスとはマメ亜科のアスパラトゥス属の一種です。針葉樹様の葉を持ち、落葉時には葉が赤褐色になります。南アフリカ共和国の山脈一帯にのみ自生していて、他の山脈での栽培も試みられましたが失敗に終わりました。
そんなルイボスは世界中で人気があり、生産高は年間1万2,000トンともいわれています。しかし、ごく一部の地域でしか生産できない事情に加え温暖化などによる気候の変化もあり、より栽培が難しくなっています。

ルイボスティーの作り方

ルイボスの葉は上記でも記載の通り元々は緑色のものとなります。その葉を乾燥させて作ります。乾燥後は低温殺菌され、さらに熱風乾燥します。そこから、裁断の長さや香りや色などを見て等級別にわけられます。当店のルイボスは、更に独自の検査により基準に満たない物がないかをチェックし、安全で、味のぶれがないよう、徹底した管理をしております。

ノンカフェインのルイボスティー

カフェインの大量摂取はアルコールなどと同様、肝臓に負担がかかり、あまり体に良くないとされています。また「興奮剤」でもあるカフェインは精神的に打撃を与えるともいわれています。ルイボスティーはそのカフェインが入っておらず、体に優しい飲み物です。妊娠中のマタニティーティーとしてもおすすめできます。他にも、リラックス効果もあるといわれています。

ルイボスティーで健康をサポート

ルイボスティーはミネラルが豊富。体のバランスを整えてくれる飲み物なので、夏バテ対策などにも効果があるとされています。また、腸を元気にする働きがあるといわれている飲み物です。さらに、美容にも良いとされていて、効果を期待した女性たちから注目を集めています。ルイボスティーは飲みやすいという特長もあることから、大変おすすめなハーブティーです。

ルイボスティーの美味しい楽しみ方

ルイボスティーは「ずっと綺麗でいたい方」などにおすすめのお茶です。ノンカロリー、ノンカフェイン、タンニンも低いために、ぷるるんお肌でいたい方にもにおすすめの健康サポート茶です。

ルイボスティーの
煮出し方(ホット)

  1. 360ml程度の水を沸騰させる
  2. ティースプーン一杯分の茶葉を入れる
  3. 火を弱めて約10〜15分煮出す

ちょい足しでおすすめ!

【ミルク】

少しの砂糖とミルクを入れると優しい味になります。
寒い夜にはベッドに入る前にもおすすめです。

【レモン】

ホットだけじゃなくてアイスにしても美味しいルイボスティー。
レモンを入れたさっぱりテイストもおすすめです。

【ジャム】

甘いジャムを入れてルイボスティーと混ぜると気分は南国。
トロピカルでリッチな気分が楽しめます。

【生姜】

風邪をひいた時などには、体の芯から温まる生姜を入れましょう。
若干のスパイスが癖になります。

【キャラメルシロップ】

甘党の方におすすめなキャラメルシロップ。
お菓子のような香りは女子にも大人気です。